病院 診療所 看護師

【ナースの転職】病院・診療所での仕事について解説

病院・診療所での看護師の仕事

 

上の図は、看護師がどのような場所で仕事をしているのかを表したものです。

 

見てわかるとおり、病院が圧倒的に多く、その次に診療所となっていますね。

 

ただ、訪問看護センターや介護・福祉センターなどの割合も増えてきていて、
今後はもっと職場に多様性が出てくるものと思われます。

 

高齢化社会が進んでいけば、そういったところの需要が高くなってくるはずですからね。

 

このページでは、病院・診療所についての解説をしようと思います。

 

そもそも、病院と診療所の違いって知っていますか?

 

病院 20人以上の患者を入院させる施設を有するもの
診療所 19人以下の患者を入院させる施設と有するもの
または、入院施設を持たないもの

 

以上のように、法律で決められています。

 

つまり、病院の規模によって決まるということですね。
特に診療内容が変わっていたり、そういった事はありません。

診療所について

先ほども見てきたように、診療所というものは小規模の病院の事です。
ですから、診療科目が1つしかなかったり、入院施設が無い所が殆どです。
でも、だからと言って病院よりも劣っているわけではありません。

 

街のかかりつけの医者として、地域住民にとっては無くてはならないものです。
ちょっとした風邪であったり、腹痛などの場合には、大変役に立ちますよね。

 

なので、診療所で働く看護師としての役割は、
コミュニケーションをしっかりと取って地域住民とのつながりを大切にするということです。

 

ですので、そういったふれあいを大切にしたいという人には、すごく向いている職場だと思いますよ。

病院について

病院とは、20床以上の入院施設を保有している医療機関の事です。
ただ、その規模は様々で、20〜1000床以上まで色々とありますね。

 

また、機能や設備によって分類があって、高度な設備を持っている『特定機能病院』、
地域の中核を担う働きを持つ『地域医療支援病院』、長期療養の患者のための病床として、
療養病床といったものまであります。

 

すごく色々な種類があるんですね。
規模が大きいですから、診療科目も多岐にわたります。
ですから、それぞれに看護師の仕事内容も大きく変わっていくという事です。

 

ここでは、主な科目別に仕事内容を解説していきますね。

 

 

・外来
病院には色々な人がやってきますけども、一番最初に訪れるところとして外来があります。
初めて病院に来て不安に感じている人、体調が悪くて話すことも億劫な人など、
色々なニーズがありますから、そういったものを感じ取り的確に行動をしなければいけません。

 

待合室が込み合わないように機転を利かせたり、医師の処置のサポートをしたり、
常に周りに対して気を配るということが求められる職場ですね。

 

また、内科、外科、整形外科、産婦人科、小児科など診療科目が複数あり、
それぞれに求められる仕事も変わってきますから、注意力は常に持っておく必要があります。

 

 

・病棟
病棟は、看護師でチームを組んで2交代、3交代しながら、24時間体制で
入院患者のサポートをする部署ですね。

 

日勤とか夜勤とかそういった言葉を聞いたことがあると思いますけども、
それは病棟での仕事において使われることが多いです。

 

仕事内容としては、患者さんの容体確認や日常の世話、
看護の記録を付けるなど色々とあります。

 

また、患者さんの不安を解消したりといったような、心のケアも必要になってきますね。

 

 

・手術室
手術室を専門にする看護師も存在します。
仕事内容としては、手術中に医師にメスやガーゼを手渡したり、
医療機器の確認などを行う事が主なものですね。

 

また、手術前の患者さんとコミュニケーションを取って
不安を取り除いたりといったようなケアも必要となってきます。

 

手術の成功を左右することもありますから、非常に責任感のある仕事です。

 

 

・ICU(集中治療室)
ICUは重症の患者や手術後にも容体が急変する可能性がある患者を
24時間体制で管理するための施設です。

 

どんな問題が起こっても、すぐに対応することが出来るように細心の注意を払う必要があります。

 

患者さんと直接会話をするような機会は少ないですが、
その分、微妙な変化を感じ取る観察力が必要になってくる仕事でしょう。

 

 

このように、同じ看護師でも科目や場所が変われば仕事の内容も大きく異なります。

 

なので、自分だどの職場に適しているのかという適性を見分けて、
自分に合った仕事場を見つけるようにしておいてください。

 

 

自分に適した職場を見つけるためには?

 

 

上記の通り、看護師の仕事場に関しては非常に多くの種類があることが分かります。

 

職場によっても、内容が微妙に変わるでしょうから、自分に合っている場所を見つけるのは至難の業です。
なので、これから転職を考えているようであれば、「転職サイト」を利用しましょう。

 

看護師専門の転職エージェントがいるので、どんな相談にも乗ってもらうことが出来ます。
転職者の8割ほどが、こういったエージェントを利用しているようですよ。

 

当サイトでは、独自の調査によって、利用するべき転職サイトを解説しています。
あなたの職場選びの参考にしてください。

 

詳しくは、以下のページを見てください。

おススメのナースバンクはどれ? 看護師の転職サイトの人気ランキング

【ナースの転職】病院・診療所での仕事について解説関連ページ

訪問看護ステーション
看護師の転職先としては、訪問看護ステーションの人気が高くなっています。高齢化社会になってきていますから、かなり需要が高くなっているということです。転職を考えている人は、必見です。
介護・福祉施設
ナースの働き方として、介護・福祉施設での仕事はすごく重要です。病院以外にも仕事をする場所はたくさんありますよ。転職を考えている人は、必見です。
企業・学校
企業や学校などでも看護師は、すごく必要とされています。これから転職を考えている人は、選択肢に入れてみると良いでしょう。
行政・教育・研究職
看護師が働く場所としては、病院に限った事ではありません。色々な場所で必要とされていますから、転職を考えている人は、参考にしてください。

ホーム RSS購読 サイトマップ