看護師 研究職

【看護師の転職】行政・教育・研究職での仕事を解説

行政・教育・教育職としての看護師の仕事

看護師の資格があれば、行政や教育、研究職として働くという
選択肢もあります。

 

保健に関する需要はどこにでもありますから、看護師が働ける場所は
数多く存在するんですね。

 

■市町村の保健センター
保健所などで地域の健康管理をサポートする仕事です。
市町村の役場には、市民のために健康相談の窓口を用意している場合があります。
そういったところで、健康に関するサポートやアドバイスをするということが求められます。
保険士の資格を持っているのであれば、非常に採用されやすい職種ですね。

 

 

■養成所の教員
看護師としてのキャリアを積んでいけば、新たな看護師を要請するために
教師として活動するという道もあります。
臨床の現場で5年以上の経験があれば、看護教員の資格を得ることが出来るんです。
その後、厚生労働省の認定した機関で1年間の研修、地方での6カ月の研修を受けることで
教員資格として認定されます。
これは、かなり先の話となりますけども、キャリアアップの一つとして目標にすることも良いと思いますよ。

 

 

■大学の研究室
近年、看護の学問としての研究が進んでいます。
その結果、看護関係の大学や大学院が非常に多くなってきました。
なので、教壇に立って看護学の講演をするという職業もあります。
大学院に入って、もっと専門的に看護を研究するという人も増えていますね。
自分自身のキャリアアップの一つとして、検討をしてみるということも良いでしょう。

 

このように、看護師としての仕事においては多種多様な職場があります。
なので、病院や診療所以外にも、自分が必要とされている場所を見つけてみるということも
選択肢の一つとして考えてみることが良いと思いますよ。

 

 

どの職場が自分に向いているのか?

 

 

以上に見てきたように、看護師の働く場所は非常にたくさんあります。
自分に合っている職場を見つけることで、やりがいのある仕事をすることが出来るようになるでしょう。

 

でも、求人情報などを見ても、どういったところを選べばいいのか分かりませんよね。
そういった場合には、ナースバンクを利用しましょう。

 

転職エージェントが相談に乗ってくれるので、職場選びに失敗することがありません。
当サイトでは、おすすめのナースバンクを紹介しています。

 

コレを参考にして、今後のキャリアに役立ててみてください。
詳しくは、以下のページで紹介中です。

おススメのナースバンクはどれ? 看護師の転職サイトの人気ランキング

【看護師の転職】行政・教育・研究職での仕事を解説関連ページ

病院・診療所
看護師の職場と言えば、病院や診療所等が一般的ですよね。その仕事内容について詳しく紹介しています。
訪問看護ステーション
看護師の転職先としては、訪問看護ステーションの人気が高くなっています。高齢化社会になってきていますから、かなり需要が高くなっているということです。転職を考えている人は、必見です。
介護・福祉施設
ナースの働き方として、介護・福祉施設での仕事はすごく重要です。病院以外にも仕事をする場所はたくさんありますよ。転職を考えている人は、必見です。
企業・学校
企業や学校などでも看護師は、すごく必要とされています。これから転職を考えている人は、選択肢に入れてみると良いでしょう。

ホーム RSS購読 サイトマップ