看護師 循環器内科

【看護師の転職】循環器内科でのナースの仕事を解説

循環器内科における看護師の仕事を解説

循環器内科とは、心臓や血管などに関係する病気の治療を行う科目です。

 

主な疾患としては、「不整脈」、「心臓弁膜症」、「心筋炎」、「高血圧症」、
「肺梗塞」などがあります。

 

循環器に関する疾患に関しては、命に関わることが多いですから、
患者は強い不安に襲われます。

 

心臓病にかかったら、誰でも死をイメージしてしまいますよね。
これは、仕方のないことです。

 

なので、そういった場合に、
精神的なケアをして安心させてあげることが看護師には求められますね。

 

必要な情報を与えつつ、安心を与えるようなコミュニケーションを取ることが重要です。

 

さらに、容体の急変を察知する能力や高度な医療機器を扱うための知識も必要です。
特に、循環器系の医療機器はかなり複雑で数が多いことが特徴です。
他の科目では、全く使う事が無いような機器がたくさん使われています。
心電図や呼吸器などの機器の扱い方は、しっかりと覚えておいてください。

 

ですから、非常に看護師としての責任が重い科目だと言えるでしょう。
患者のケアや医師のサポートなどを高いレベルで行わないといけません。

 

ただ、非常に責任感が必要になってくる仕事ですけども、その分やりがいも感じることが
出来るようになると思います。

 

看護師としてのスキルを向上させたいと思う人には、おすすめできるでしょう。

 

 

どの循環器内科で働くのか?

 

 

同じ科目であっても、勤務先が違えば求められるスキルは変わります。
人間関係なども複雑に絡んでくるので、転職の際にはしっかりと考えたいですね。

 

でも、実際に努めてみないと詳しい状況は分かりません。
ですから、転職アドバイザーに相談するようにしてください。

 

ナースバンクに登録することで、無料でアドバイスを受けられますから、
転職者の8割ほどが利用していますよ。

 

当サイトでは、実績の高いナースバンクを多数紹介しています。
詳しくは、以下のページを読んでください。

おススメのナースバンクはどれ? 看護師の転職サイトの人気ランキング

【看護師の転職】循環器内科でのナースの仕事を解説関連ページ

小児科
小児科は子供を相手にする科目です。なので、メンタル的なケアをしたり、サポートをする必要性がありますね。転職を考えている人は、必見です。
総合診療科
ナースの仕事は、科目によってかなり変わります。総合診療科は、幅広い知識が必要になりますから、看護師としてのキャリアアップを図ることが出来ます。転職を考えている人は、必見です。
脳神経外科
脳神経外科は、脳や脊髄に関わる科目ですから、非常に責任が必要な仕事になります。看護師としてステップアップをするためには、非常におススメですよ。
整形外科
整形外科の仕事は、関節や筋肉をつかさどる治療となります。外科手術の衛生面であったり、看護を学ぶためには、非常に有効です。転職を考えている人は、必見です。
産婦人科
産婦人科は、女性特有の科目ですね。出産についてであったり、卵巣における疾患を治療するところです。女性の不安を和らげるために、看護師の仕事が必要になります。転職を考えている人は、必見です。
手術室
手術室での看護師の仕事は、非常に重要です。緊張感を伴う仕事なのですごくやりがいのある職場ですね。転職を考えているナースの方は必見です。
皮膚科
皮膚科での看護師の仕事は、非常に大切ですね。感染症を予防するために清潔にしたり、色々な知識が必要になります。転職を考えている人は、参考にしてください。
リハビリテーション
リハビリテーションは、患者との信頼関係をしっかりと作る必要がありますから、非常に重要な仕事だと思います。看護師で転職を考えている人は、参考にしてください。
内科
内科での仕事は、分野がかなり多いですから、必要となる知識が非常に多いです。看護師としてスキルアップしたい人は、参考にしてください。

ホーム RSS購読 サイトマップ