看護師 総合診療科

【看護師の転職】総合診療科でのナースの仕事を解説

総合診療科での看護師の仕事を解説

総合診療科とは、一言で言ってしまうと「なんでも科」ですね。
特定の疾患に限定せずに、包括的に診察をすることを目指している科目です。

 

科目の枠組みに捉われず、診察や治療を行います。

 

そして、専門的な治療が必要な場合には、適切な科に案内を
することもあります。

 

看護師に求められている仕事内容としては、専門外来との連携や優先度の高い患者を
分別して適切な治療を行えるようにサポートする業務があります。

 

 

総合診療科で求められることとは?

 

 

総合診療科で必要なスキルとしては、常に全体を見渡せるような観察力ですね。

 

救急の患者の受け入れから日常の健康相談まで、非常に幅広い対応をしなくてはいけません。

 

あらゆる症状の患者を対応する必要があるため、医療に関する全般的な知識も必要になります。
そういった理由から、看護師としてのレベルが非常に要求される職場ということですね。

 

普段からの勉強はもちろんのこと、向上心を持って取り組む必要があると思います。

 

将来のためにキャリアアップを考えている人には、非常におススメです。
また、総合的な力を付けることが出来ますから、別の科目へ行ってもすぐに対応することが出来るでしょう。

 

ナースとしての総合力を鍛えることが出来るので、非常にやりがいのある仕事だと思います。

 

 

総合診療科へ転職をするときの注意点

 

 

看護に関する総合力が必要になってくる科目なので、自分のスキルを磨くためにはピッタリです。
しかし、勤務する場所によっては、自分の希望するような仕事が出来ないということもあります。

 

総合診療科と言っても、勤務する場所によって看護師の仕事は微妙に変わってしまいます。
なので、自分の理想とする仕事が出来ない可能性もあるということですね。

 

転職の際には、気を付けるようにしてください。
当サイトでは、ナースバンクの登録をおススメしています。

 

全国の非公開求人を見ることが出来ますし、転職アドバイザーの相談を受けることも可能です。
コレを利用することで、転職で失敗することは無いでしょう。

 

以下のページで、ナースバンクについて詳しく紹介中です。

おススメのナースバンクはどれ? 看護師の転職サイトの人気ランキング

【看護師の転職】総合診療科でのナースの仕事を解説関連ページ

小児科
小児科は子供を相手にする科目です。なので、メンタル的なケアをしたり、サポートをする必要性がありますね。転職を考えている人は、必見です。
循環器内科
ナースの仕事は、科目によってかなり変わります。循環器内科は、心臓や血管を扱うので慎重さが必要になります。転職を考えている人は、必見です。
脳神経外科
脳神経外科は、脳や脊髄に関わる科目ですから、非常に責任が必要な仕事になります。看護師としてステップアップをするためには、非常におススメですよ。
整形外科
整形外科の仕事は、関節や筋肉をつかさどる治療となります。外科手術の衛生面であったり、看護を学ぶためには、非常に有効です。転職を考えている人は、必見です。
産婦人科
産婦人科は、女性特有の科目ですね。出産についてであったり、卵巣における疾患を治療するところです。女性の不安を和らげるために、看護師の仕事が必要になります。転職を考えている人は、必見です。
手術室
手術室での看護師の仕事は、非常に重要です。緊張感を伴う仕事なのですごくやりがいのある職場ですね。転職を考えているナースの方は必見です。
皮膚科
皮膚科での看護師の仕事は、非常に大切ですね。感染症を予防するために清潔にしたり、色々な知識が必要になります。転職を考えている人は、参考にしてください。
リハビリテーション
リハビリテーションは、患者との信頼関係をしっかりと作る必要がありますから、非常に重要な仕事だと思います。看護師で転職を考えている人は、参考にしてください。
内科
内科での仕事は、分野がかなり多いですから、必要となる知識が非常に多いです。看護師としてスキルアップしたい人は、参考にしてください。

ホーム RSS購読 サイトマップ