看護師 脳神経外科

【看護師の転職】脳神経外科でのナースの仕事を解説

脳神経外科での看護師の仕事を解説

脳神経外科とは、脳や脊髄などの末梢神経などの疾患を扱う科目です。

 

対象となる疾患として、「脳腫瘍」、「脳梗塞」、「くも膜下出血」、
「椎間板ヘルニア」[脳挫傷]といったものがあります。

 

症状が重い患者の場合だと、手術が成功しても重い障害が残ってしまったり、
最悪の場合、死に至ることがあります。

 

ですから、意識の無い患者の様子から状態を素早く読み取って、
きめ細やかな対応をすることが求められるということです。

 

また、ご家族の方ともよく話し合って、信頼関係を築くということも大切ですね。

 

障害が残った場合だと、リハビリなどで長期的に介護が必要になることもありますから、
そういった人間的なサポートは非常に大切になっていきます。

 

ですから、普段からのコミュニケーションやしっかりと心配りをするという対応が重要です。

 

そういった面から、手術に伴う迅速な対応力やリハビリなどをする際の心のケアまで
看護師として必要な要素をしっかりと習得することが出来る科目だと言えるでしょう。

 

脳神経外科の看護師として一人前になることが出来れば、
どんな科目に異動しても対応することが出来る応用力が身に付くはずです。

 

なので、今後のナースとしてのキャリアアップを考えている人には、
非常にやりがいのある仕事だと思いますよ。

 

 

脳神経外科へ転職するときの注意点

 

 

脳神経外科は、とても繊細な看護が求められます。
キャリアップを目指すには最適ですけども、職場選びをしっかりとする必要があります。

 

勤務する場所が変われば、科目が同じでも看護の内容は少し変わってきます。
転職先の仕事が、自分の理想に合わないということもよくあるんです。

 

なので、転職に失敗してしまうという人も多いですね。
それを防ぐためにも、ナースバンクに登録をしてください。

 

ナースバンクなら、非公開求人を見ることが出来ますし、転職エージェントが無料相談を受けてくれます。
これから転職を考えている人には、最適なサービスですよ。

 

当サイトでは、実績の高いナースバンクを紹介中です。
以下のページを、参考にしてください。

おススメのナースバンクはどれ? 看護師の転職サイトの人気ランキング

【看護師の転職】脳神経外科でのナースの仕事を解説関連ページ

小児科
小児科は子供を相手にする科目です。なので、メンタル的なケアをしたり、サポートをする必要性がありますね。転職を考えている人は、必見です。
循環器内科
ナースの仕事は、科目によってかなり変わります。循環器内科は、心臓や血管を扱うので慎重さが必要になります。転職を考えている人は、必見です。
総合診療科
ナースの仕事は、科目によってかなり変わります。総合診療科は、幅広い知識が必要になりますから、看護師としてのキャリアアップを図ることが出来ます。転職を考えている人は、必見です。
整形外科
整形外科の仕事は、関節や筋肉をつかさどる治療となります。外科手術の衛生面であったり、看護を学ぶためには、非常に有効です。転職を考えている人は、必見です。
産婦人科
産婦人科は、女性特有の科目ですね。出産についてであったり、卵巣における疾患を治療するところです。女性の不安を和らげるために、看護師の仕事が必要になります。転職を考えている人は、必見です。
手術室
手術室での看護師の仕事は、非常に重要です。緊張感を伴う仕事なのですごくやりがいのある職場ですね。転職を考えているナースの方は必見です。
皮膚科
皮膚科での看護師の仕事は、非常に大切ですね。感染症を予防するために清潔にしたり、色々な知識が必要になります。転職を考えている人は、参考にしてください。
リハビリテーション
リハビリテーションは、患者との信頼関係をしっかりと作る必要がありますから、非常に重要な仕事だと思います。看護師で転職を考えている人は、参考にしてください。
内科
内科での仕事は、分野がかなり多いですから、必要となる知識が非常に多いです。看護師としてスキルアップしたい人は、参考にしてください。

ホーム RSS購読 サイトマップ