看護師 整形外科

【看護師の転職】整形外科でのナースの仕事を解説

整形外科での看護師の仕事を解説

整形外科とは、四肢(手、足)や脊椎などのケガなどを扱う科目となります。
患部を修復して、元の機能を回復させるまでが仕事です。

 

よく、美容整形と間違われますけども、明確に違う科目ですね。
美容目的で施術をするのではなくて、病気やけがを治す目的で行われます。

 

主な疾患としては、骨折や打撲、捻挫などの外傷や
椎間板ヘルニアなどの脊椎疾患といったものです。

 

怪我の治療がほとんどなので、患者の年齢も様々ですね。

 

看護師の役割としては、手術前後のケアなどが中心となります。

 

手術前は、コミュニケーションを図って不安を取り除いてあげることが必要になりますし、
手術の後には、患部のケアやリハビリのサポートなどを行います。

 

直接、命に関わるような重篤な患者さんは少ないので、緊張感の伴う職場ではありません。

 

しかし、患者と信頼関係を作って、しっかりとサポートをすることが看護師に
求められる仕事なので、常に周りを見渡す意識が必要ですね。

 

患者さんの一人一人を向き合って接すことが、出来る人に向いているでしょう。
また、後遺症が残るような怪我をされる方もいますから、
そういった場合に精神的に励ましてあげるような心のケアをするということも必要になります。

 

カウンセラーと似た形での仕事が求められるということですね。
この科目で仕事をすることで、心のケアに対しては、すごくレベルアップすることが出来るでしょう。

 

 

整形外科に転職するときに知っておくべきこと

 

 

整形外科に興味を持って転職をしたとしても、働いてから理想と違っていることもあります。
自分に合っている職場でないと、長く続ける事は出来ません。

 

そういった場合には、ナースバンクを利用するようにしてください。
看護師専門の転職アドバイザーの相談を受けられますし、非公開求人を見ることもできます。

 

転職者の8割ほどが、ナースバンクを利用しています。
詳しくは、以下のページを参考にしてください。

おススメのナースバンクはどれ? 看護師の転職サイトの人気ランキング

【看護師の転職】整形外科でのナースの仕事を解説関連ページ

小児科
小児科は子供を相手にする科目です。なので、メンタル的なケアをしたり、サポートをする必要性がありますね。転職を考えている人は、必見です。
循環器内科
ナースの仕事は、科目によってかなり変わります。循環器内科は、心臓や血管を扱うので慎重さが必要になります。転職を考えている人は、必見です。
総合診療科
ナースの仕事は、科目によってかなり変わります。総合診療科は、幅広い知識が必要になりますから、看護師としてのキャリアアップを図ることが出来ます。転職を考えている人は、必見です。
脳神経外科
脳神経外科は、脳や脊髄に関わる科目ですから、非常に責任が必要な仕事になります。看護師としてステップアップをするためには、非常におススメですよ。
産婦人科
産婦人科は、女性特有の科目ですね。出産についてであったり、卵巣における疾患を治療するところです。女性の不安を和らげるために、看護師の仕事が必要になります。転職を考えている人は、必見です。
手術室
手術室での看護師の仕事は、非常に重要です。緊張感を伴う仕事なのですごくやりがいのある職場ですね。転職を考えているナースの方は必見です。
皮膚科
皮膚科での看護師の仕事は、非常に大切ですね。感染症を予防するために清潔にしたり、色々な知識が必要になります。転職を考えている人は、参考にしてください。
リハビリテーション
リハビリテーションは、患者との信頼関係をしっかりと作る必要がありますから、非常に重要な仕事だと思います。看護師で転職を考えている人は、参考にしてください。
内科
内科での仕事は、分野がかなり多いですから、必要となる知識が非常に多いです。看護師としてスキルアップしたい人は、参考にしてください。

ホーム RSS購読 サイトマップ