看護師 産婦人科

【看護師の転職】産婦人科でのナースの仕事を解説

産婦人科での看護師の仕事を解説

産婦人科とは、産科と婦人科を併せ持った科目の事です。

 

産科では、妊娠や出産などを扱っていて、
婦人科とは、子宮や卵巣など女性特有の病気を扱っているところです。

 

婦人科で扱う疾患としては、卵巣のう腫、子宮肉腫、
子宮頚癌といったものがあります。

 

看護師の仕事としては、助産師の指示の元、出産のサポートや援助を行います。
新たな命の誕生に関わる仕事ですから、非常に重要でやりがいに満ちた仕事ですね。
そして、女性特有の病を抱えている患者さんが集まりますから、看護師の役割としては非常に大きいです。

 

精神的なケアも含めて、細かな気配りが要求されますね。
近年では、晩婚化が増えているので、高齢出産をする方も珍しくありません。
そういった理由から、看護師としても専門性がかなり要求されるようになってきました。

 

また、大きな病院になると、NICU(新生児集中治療室)と言われる施設を持っています。
これは、未熟児や先天性の障害を抱えた新生児を治療・ケアする施設です。

 

ここで働く看護師においては、新生児についての専門知識などの高度な看護が必要とされます。
なので、キャリアを積んで認定看護師になることも可能なほど、やりがいのある科目というわけです。

 

キャリアアップのモチベーションが高い人は、挑戦してみるのも良いと思いますよ。

 

 

産婦人科への転職で失敗しない為に

 

 

転職をする人は、何かしらの目的を持っていますよね。
業務内容や給料、スキルアップなど、人によって様々な目的があるでしょう。

 

しかし、いざ転職をしてみると、自分の想像と異なっていたということがよくあります。
実際に働かないと、現場の状況は分かりませんから当然ですけども。

 

なので、そういったリスクを減らすために、「ナースバンク」への登録をしておいてください。
看護師専門の転職エージェントがいますから、現場の事をよく理解しています。
さらに、非公開求人が豊富にあるので、条件の良い職場を見つけることが可能ですよ。

 

当サイトでは、人気のナースバンクのランキングを公開しています。
コレを参考に、転職活動を行ってみてください。

おススメのナースバンクはどれ? 看護師の転職サイトの人気ランキング

【看護師の転職】産婦人科でのナースの仕事を解説関連ページ

小児科
小児科は子供を相手にする科目です。なので、メンタル的なケアをしたり、サポートをする必要性がありますね。転職を考えている人は、必見です。
循環器内科
ナースの仕事は、科目によってかなり変わります。循環器内科は、心臓や血管を扱うので慎重さが必要になります。転職を考えている人は、必見です。
総合診療科
ナースの仕事は、科目によってかなり変わります。総合診療科は、幅広い知識が必要になりますから、看護師としてのキャリアアップを図ることが出来ます。転職を考えている人は、必見です。
脳神経外科
脳神経外科は、脳や脊髄に関わる科目ですから、非常に責任が必要な仕事になります。看護師としてステップアップをするためには、非常におススメですよ。
整形外科
整形外科の仕事は、関節や筋肉をつかさどる治療となります。外科手術の衛生面であったり、看護を学ぶためには、非常に有効です。転職を考えている人は、必見です。
手術室
手術室での看護師の仕事は、非常に重要です。緊張感を伴う仕事なのですごくやりがいのある職場ですね。転職を考えているナースの方は必見です。
皮膚科
皮膚科での看護師の仕事は、非常に大切ですね。感染症を予防するために清潔にしたり、色々な知識が必要になります。転職を考えている人は、参考にしてください。
リハビリテーション
リハビリテーションは、患者との信頼関係をしっかりと作る必要がありますから、非常に重要な仕事だと思います。看護師で転職を考えている人は、参考にしてください。
内科
内科での仕事は、分野がかなり多いですから、必要となる知識が非常に多いです。看護師としてスキルアップしたい人は、参考にしてください。

ホーム RSS購読 サイトマップ