看護師 小児科

【看護師の転職】小児科でのナースの仕事に就いて解説

小児科での看護師の仕事

小児科とは、15歳くらいまでの子どもを対象に、疾患の治療を
行っている科目です。

 

診療内容としては、主に内科を中心としています。

 

主な疾患としては、感染症、アレルギー疾患、腫瘍性疾患などです。

 

思春期の小さな子供が対象となりますから、非常にデリケートな看護が要求されますね。
病院に来るだけで、不安になって泣き出すような子供もたくさんいます。
そういった場合に、安心感を与えられるように、優しく接する必要があるんです。

 

病棟に入院する場合には、保護者の代わりになる必要もありますし、
家庭教師のように勉強を教えたりすることもあります。
非常に奥が深いですから、子供が好きなだけだと挫折するかもしれません。

 

 

小児科では、全く別の意識を持つべき

 

 

大人に対する看護とは、全く異なるので意識そのものを変える必要があるでしょう。
言うことを聞かなかったり、殻に籠ってしまったりすることもありますが、
気長に対応をすることがすごく大切になってくることです。
子どもの心理はつかみにくい所が多いですから、常に注意を払っておくことが重要ですね。

 

かなり専門性の高い科目ですから、「小児救急看護」の認定看護師なども制度化されました。
将来のキャリアとして、専門性を高めたいのであれば、小児科はおすすめだと思いますよ。

 

 

小児科で働きたいのなら

 

 

小児科と一言で言っても、総合病院や診療所など色々な場所があります。
それぞれに、求められるスキルも経験値も変わってきます。

 

なので、転職をするときには、十分に気を付けるようにしてください。
転職をしてから、自分の理想と違っていることが無いようにしないといけません。

 

でも、実際に努めてみないと分からないことも多いでしょう。
そういった場合には、ナースバンクに登録してキャリアアドバイザーに相談することをおススメします。

 

現場に精通している専門家がいるので、適切なアドバイスを受けられるでしょう。
当サイトでは、おすすめのナースバンクを紹介しています。

 

転職活動の際に役立ててみてください。
詳しくは、以下のページにあります。

おススメのナースバンクはどれ? 看護師の転職サイトの人気ランキング

【看護師の転職】小児科でのナースの仕事に就いて解説関連ページ

循環器内科
ナースの仕事は、科目によってかなり変わります。循環器内科は、心臓や血管を扱うので慎重さが必要になります。転職を考えている人は、必見です。
総合診療科
ナースの仕事は、科目によってかなり変わります。総合診療科は、幅広い知識が必要になりますから、看護師としてのキャリアアップを図ることが出来ます。転職を考えている人は、必見です。
脳神経外科
脳神経外科は、脳や脊髄に関わる科目ですから、非常に責任が必要な仕事になります。看護師としてステップアップをするためには、非常におススメですよ。
整形外科
整形外科の仕事は、関節や筋肉をつかさどる治療となります。外科手術の衛生面であったり、看護を学ぶためには、非常に有効です。転職を考えている人は、必見です。
産婦人科
産婦人科は、女性特有の科目ですね。出産についてであったり、卵巣における疾患を治療するところです。女性の不安を和らげるために、看護師の仕事が必要になります。転職を考えている人は、必見です。
手術室
手術室での看護師の仕事は、非常に重要です。緊張感を伴う仕事なのですごくやりがいのある職場ですね。転職を考えているナースの方は必見です。
皮膚科
皮膚科での看護師の仕事は、非常に大切ですね。感染症を予防するために清潔にしたり、色々な知識が必要になります。転職を考えている人は、参考にしてください。
リハビリテーション
リハビリテーションは、患者との信頼関係をしっかりと作る必要がありますから、非常に重要な仕事だと思います。看護師で転職を考えている人は、参考にしてください。
内科
内科での仕事は、分野がかなり多いですから、必要となる知識が非常に多いです。看護師としてスキルアップしたい人は、参考にしてください。

ホーム RSS購読 サイトマップ