看護師 リハビリテーション

【看護師の転職】リハビリテーションでのナースの仕事を解説

リハビリテーションでの看護師の仕事を解説

リハビリテーションは、筋骨格や神経などに障害を負った際に、
元の生活が出来るように失われた機能の回復を図るための科目です。

 

主な疾患としては、神経疾患、骨や関節の異常、脊椎の損傷などがあります。

 

患者に対して運動を促し、何度も反復することで機能を回復させるという
手順を踏みます。

 

関節の曲げ伸ばしであったり、マッサージ、歩行訓練などがメインです。

 

かなり、根気が必要になる作業ですから、患者さんのモチベーションを上げつつ、
励ましながら精神的なケアも必要とされますね。

 

ですから、信頼関係を作るといった事が非常に重要になる職場です。

 

また、単なる機能の回復ではなくて、自分らしく生きるための訓練ですから、
失った自信を取り戻すためのカウンセリングなども行ります。

 

非常にホスピタリティが重要になってくるので、精神的なサポート力が求められるでしょう。

 

数ある科目の中でも、看護師が患者と接する時間が一番長いのがリハビリテーションです。
ですから、看護師としてのスキル以外にも、計画性や目標管理、観察力など
リーダーとしての要素も兼ね備えている必要がありますね。

 

看護師としての総合的な力が身に付く職場だと思いますから、
将来のためにも必ず役に立つでしょう。

 

どんな科目にも通用する基礎的な土台が形成されるので、非常にやりがいのある職場ですね。

 

 

リハビリテーションに転職するときの注意点とは?

 

 

同じリハビリテーションであっても、自分の働く場所によっては大きく内容が異なります。
なので、転職をしてからガッカリしてしまうといったこともよくありますね。

 

こういった事を防ぐためにも、「ナースバンク」を利用することで効率よく転職が出来るでしょう。
看護師専門の転職エージェントがいますから、生の現場の声を知ることが出来ます。

 

転職者の8割ほどが、利用しているので安心ですね。
当サイトでは、実績の高いナースバンクを紹介しています。

 

詳しくは、以下を参考にしてください。

おススメのナースバンクはどれ? 看護師の転職サイトの人気ランキング

【看護師の転職】リハビリテーションでのナースの仕事を解説関連ページ

小児科
小児科は子供を相手にする科目です。なので、メンタル的なケアをしたり、サポートをする必要性がありますね。転職を考えている人は、必見です。
循環器内科
ナースの仕事は、科目によってかなり変わります。循環器内科は、心臓や血管を扱うので慎重さが必要になります。転職を考えている人は、必見です。
総合診療科
ナースの仕事は、科目によってかなり変わります。総合診療科は、幅広い知識が必要になりますから、看護師としてのキャリアアップを図ることが出来ます。転職を考えている人は、必見です。
脳神経外科
脳神経外科は、脳や脊髄に関わる科目ですから、非常に責任が必要な仕事になります。看護師としてステップアップをするためには、非常におススメですよ。
整形外科
整形外科の仕事は、関節や筋肉をつかさどる治療となります。外科手術の衛生面であったり、看護を学ぶためには、非常に有効です。転職を考えている人は、必見です。
産婦人科
産婦人科は、女性特有の科目ですね。出産についてであったり、卵巣における疾患を治療するところです。女性の不安を和らげるために、看護師の仕事が必要になります。転職を考えている人は、必見です。
手術室
手術室での看護師の仕事は、非常に重要です。緊張感を伴う仕事なのですごくやりがいのある職場ですね。転職を考えているナースの方は必見です。
皮膚科
皮膚科での看護師の仕事は、非常に大切ですね。感染症を予防するために清潔にしたり、色々な知識が必要になります。転職を考えている人は、参考にしてください。
内科
内科での仕事は、分野がかなり多いですから、必要となる知識が非常に多いです。看護師としてスキルアップしたい人は、参考にしてください。

ホーム RSS購読 サイトマップ