看護師 内科

【看護師の転職】内科でのナースの仕事を解説

内科での看護師の仕事を解説

内科は、体内の疾患を対象として、主に手術を使わずに治療する科目です。

 

薬剤を投与したり、生活習慣の改善を行ったりして治すことが一般的ですね。
おそらく、最も訪れる人が多い科目だと言えるでしょう。

 

主な疾患としては、消化器官の疾患や循環器系、ウイルス性疾患などが
対象となります。

 

風邪であったり、腹痛、頭痛など、日常で起こりやすい病気を扱います。

 

他にも、内科は専門によって分化されており、消化器、呼吸器、循環器、神経系など
分野が非常に多岐にわたります。

 

ですから、看護師に必要とされる能力としては、医療における全般的な知識と
薬の名前や主な作用などを覚える必要があります。

 

また、人工透析や在宅医療など、必要な知識をすべて習得することが出来ますから、
汎用性に富んだナースになることも夢ではありません。

 

どこに行っても通用するようなオールラウンドプレーヤーになることが出来ますので、
キャリアアップを考えている人にとっては、非常にやりがいのある仕事だと思います。

 

大きな病院から町の診療所まで、内科の働き口としてはたくさんありますから、
知識として持っておくことで、看護師としてのキャリアに非常に役に立つでしょう。

 

ぜひとも、挑戦してみることをおすすめしますよ。

 

 

内科への転職に関する注意点とは?

 

 

内科は扱っている病院が多いので、転職先を見つけることは難しくないでしょう。
しかし、現場の雰囲気や人間関係などが合わないと、転職してもすぐに辞めたくなってしまいます。

 

実際、このような原因で退職する人は非常に多いですよ。
こういったリスクを減らすためには、「ナースバンク」を利用することをおススメします。

 

非公開求人が多数あるので、情報収集を効率よく行えるでしょう。
さらに、看護師専門の転職アドバイザーが相談を受けてくれるんです。

 

コレを活用することで、転職に失敗することは無くなるでしょう。
当サイトでは、実績や人気の高いナースバンクをランキング形式で紹介しています。

 

ぜひとも参考にしてください。
詳しくは、以下のページにあります。

おススメのナースバンクはどれ? 看護師の転職サイトの人気ランキング

【看護師の転職】内科でのナースの仕事を解説関連ページ

小児科
小児科は子供を相手にする科目です。なので、メンタル的なケアをしたり、サポートをする必要性がありますね。転職を考えている人は、必見です。
循環器内科
ナースの仕事は、科目によってかなり変わります。循環器内科は、心臓や血管を扱うので慎重さが必要になります。転職を考えている人は、必見です。
総合診療科
ナースの仕事は、科目によってかなり変わります。総合診療科は、幅広い知識が必要になりますから、看護師としてのキャリアアップを図ることが出来ます。転職を考えている人は、必見です。
脳神経外科
脳神経外科は、脳や脊髄に関わる科目ですから、非常に責任が必要な仕事になります。看護師としてステップアップをするためには、非常におススメですよ。
整形外科
整形外科の仕事は、関節や筋肉をつかさどる治療となります。外科手術の衛生面であったり、看護を学ぶためには、非常に有効です。転職を考えている人は、必見です。
産婦人科
産婦人科は、女性特有の科目ですね。出産についてであったり、卵巣における疾患を治療するところです。女性の不安を和らげるために、看護師の仕事が必要になります。転職を考えている人は、必見です。
手術室
手術室での看護師の仕事は、非常に重要です。緊張感を伴う仕事なのですごくやりがいのある職場ですね。転職を考えているナースの方は必見です。
皮膚科
皮膚科での看護師の仕事は、非常に大切ですね。感染症を予防するために清潔にしたり、色々な知識が必要になります。転職を考えている人は、参考にしてください。
リハビリテーション
リハビリテーションは、患者との信頼関係をしっかりと作る必要がありますから、非常に重要な仕事だと思います。看護師で転職を考えている人は、参考にしてください。

ホーム RSS購読 サイトマップ